CONTACT

家のこと)地震保険ってどこまで補償してもらえるかご存知ですか?

旭化成ヘーベルハウス 横浜デザインオフィスの荒井です

先日、政府・地震調査委員会から

横浜は震度6弱以上の地震が30年以内に発生する確率が

なんと!! 82% と発表されました。

その時のために地震保険に加入することは大事なことです!

ですが!地震保険加入して地震で家が全壊しても

50%しか補償されないのをご存知ですか?

地震保険は30%~50%までの範囲の補償となっています。

また、保険金の総支払限度額1回の地震で11.3兆円となっていますので

首都直下型地震での前回・消失棟数の予想は61万棟で

半壊などの被害を合わせると、そもそも50%までしか補償されないのに

地震保険が満額出ない可能性もあります。

そんなことも考えると、大地震にも耐える事が出来る住宅に住むことが

命も財産も守ることになりますよね!

今回「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2019」

の最優秀レジリエンス賞に選ばれたヘーベルハウスでは

長年、災害の多い日本でお客様の生活復旧までを見据えた

「総合防災力」をご提案してきました。

家族を守ることが出来る力強いヘーベルハウスを

一度ご覧にいらっしゃって下さい!

 




 

 

 

横浜デザインオフィスでは、お客様のご都合の良い日時でご予約頂く

「ご相談予約(展示場ご来場予約)」をお勧めしております。

予め、お客様のご相談に合わせた資料などもご用意できますので

お時間の有効活用にいかがでしょうか?