スタッフインタビュー 記念すべき1回目のゲストは

一級建築士 竹内 亨介さんです。

 

2020年11月相鉄線 平沼橋駅から徒歩圏内にある県内最大の住宅展示場

「TVKハウジングプラザ横浜」に旭化成ヘーベルハウスの新しい展示場がグランドオープンしました。

 

この展示場を設計から完成まで手掛けたのが

横浜デザインオフィス”一級建築士の竹内さんです。

優しい喋り口調と誰とでもすぐに仲良くなってしまう朗らかな笑顔が印象的な竹内さん。

お忙しい中、お時間いただいたインタビュー

vol.1 は、「新展示場の設計のこだわりと見所」です!

 

 

新展示場のお仕事はどんな感じで決まったんですか?

自分から“是非”とおっしゃったそうで「自分に決まった時は嬉しかったんです!」と教えてくれました。

 

実は以前から“こんな風にしたらどうかな?”“こんな感じも面白いかも”

など、理想のヘーベルハウスを創ってみたい!そんな思いがあったと話す竹内さん

 

ただ、いざ始まってみると時間が足りない!

日々のお客様へのお仕事に加えて、展示場を創る仕事が増えた状態に

 

自分の理想で自由に展示場創り!とは言っても

実際に展示場にいるスタッフに話を聞いたり、参考にしたり、

考えるのも、打ち合わせも、凄く時間を掛けたそうで、

「何回も何回も相談しては創り変えたりしながらだったんで、出来上がった時は嬉しかったですね~」

と感慨深く話してくれました。

 

大変だった点の一つとして

一般の住宅を設計するのとは違う展示場ならではの創り方があるそうで

お客様の住宅では“生活動線”や“家事動線”を考えながら設計していきますが、展示場ではその“動線”を体感して貰いながらも

お客様同士が渋滞しない様に出来る限りひと筆書きの様に展示場内を進めるのが理想的。

そしてその動線に、魅せるところもしっかりと組み込んで行く事が必要なんですと話してくれました。

 

サラッと見終わってしまう様じゃせっかく来て下さったお客様も面白くないし、色んな空間を体感して貰いたいので」

と話される竹内さん。新しい3階建ての展示場の

『二世帯住宅』『賃貸併用』『ワークスペース』『土間』『アウトドアリビング』『書斎』

などたくさんの見所を紹介して頂きました。

 

ー1Fー

玄関を入って広がる『土間』は明るく開放的で

ちょっとした来客と座って話してたり、趣味の道具の手入れをしたり

色々な場面で活用できる場をイメージしています。

 

そこから親世帯のLDKへはへーベルハウスならではの大空間を体感頂ける。

こちらと3Fにあるフォールディングウィンドウは新しい仕様で

ヘーベルハウスで一番大きい窓を採用し、外への開放感なども体感して頂きたい場所の一つ。

キッチンの後ろには‟家事動線”を意識した、パントリー・洗面・お風呂・洗濯スペース。

その前には坪庭があるので洗濯を干すのも楽ちん!お料理に使うハーブなど、家庭菜園などにも使うイメージだそうです。

 

 

秘密基地のようなご主人さまの書斎は、コンパクトながら趣味の世界に没頭できる憧れのスペース

 

ー2Fー

2Fに上がると、賃貸の1LDKがあり

14帖や15帖などの広さを体感できる大きさになってる、ちょっとゆったりめの賃貸と、戸建てもイメージしていて

展示場の中で、リアルなサイズを体感できる場所の一つだそうです。

子世帯の寝室の先には、ウォークインクローゼットと奥様のドレッサースペース。その奥にご主人の書斎があります。

この書斎は設計者 竹内さんの好きな場所の一つ!「ぜひ座って頂きたい」と話される。

こちらはネットカフェのちょっと良い個室をイメージされているそうで、座り心地のいいソファーもあって一日中籠ってしまいそうな居心地の良い空間。

既にこのまま創りたいとご希望を頂いている人気の場所だそうです

 

 

 

室内から外に向かって床をフラットにしタイルを繋げる事で、大空間を演出しました

ー3Fー

3Fは子世帯のLDK

階段を上がって来た途端に広がる大空間は1Fとは違う雰囲気で開放的。

ベランダの床とダイニングの床を上げて同じ面になるようにして繋がり持たせ、より広々と感じるようにしたとのこと。

リビングは、落ち着いた感じを出すため床の高さを変えて、天井も上げていますと。

とても広い空間ですがソファーに座ると、落ち着いてしまう不思議なリビング。

こちら、竹内さん一押しです!

 

お客様と同じ体験が出来た内装決め

 

今回、竹内さんインテリアも一緒に決定していったそうで

「お客様の気分を体験でき、とても楽しい経験だった」と振り返る。

お客様は、間取りが決定すると、今度は内装をインテリアコーディネーターと相談して決めて行くの

コーディネーターにお任せしていく部分が多くなるんですが

今回はお客様の立場で

“こんな感じにしたい”“こういう風にしましょう”とか伝えて、それをいくつか提案して形にしてもらったり

“こっちとこっち、どっちが良いですか?”とか相談しながら決めて行くので、お客様の気持ちになれて

「自分も、お客様にそういう風にしたいなと思いました」と話して下さいました。

 

 

お客様にはどんな風に展示場を観て頂きたいですか?とお聞きしました。

「展示場ってやっぱり歩いて通過する人が多いと思うんですけど、

ソファーがあったら座って貰いたいし、すると空が見えたりとか。

実際立ったまま過ごす時間よりも、家って座って感じる空間の方が多いんで、

例えば、天井高2.4mって立ってたんじゃ判らないんですけど、

座ってみると、もっと高く感じたりとかします。

腰掛けられる場所は、腰かけたりとか、キッチンに立ってみたりとか、ダイニングで座ってみたりとか。

それでリアルな大きさを知って貰いたい、見え方とか知って貰いたいとかありますね。」

 

そんなTVKハウジングプラザ横浜 区画106の新展示場の実例はこちらです!